03-6447-0300

平日9時~18時
※時間外・土日祝日対応可能(要予約)

本日より「法定相続情報証明制度」がスタートしました。

2017年5月29日

 2017年5月29日(月)より、全国の法務局(登記所)において,各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まりました。

「法定相続情報証明制度」とは、相続が発生した場合に、誰が相続人となるか(法定相続人)を証明する制度です。

 具体的には、以下のような流れの手続きとなります。なお、本制度の利用は無料です。

 ➀相続人もしくは代理人(弁護士・司法書士などの一部の者に限られます)が管轄法務局に対して、被相続人の出生から死亡までの戸籍関係書類、法定相続情報一覧図、必要事項を記載した所定の申出書を提出します。
 
 ➁登記官が上記の書類を確認し、認証文付き法定相続情報一覧図を交付します。

 ➂認証を受けた法定相続情報一覧図を利用して、相続人もしくは代理人が各種相続手続を行います。

 本制度の目的は、相続手続を簡素化するだけでなく、空き家問題の要因の1つともなっている被相続人名義のまま放置される不動産の名義変更登記(相続登記)を促進することにもあると言われています。

 弊社でも「法定相続情報証明制度」代行サービスをリリースしました。ご利用の際はお気軽にお問い合わせください。

*制度の詳細は 
 法務書HP(http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/page7_000013.html)をご覧ください。

投稿タグ相続

»

コラム