03-6447-0300

平日9時~18時
※時間外・土日祝日対応可能(要予約)

2018年5月13日(日)「認知症で資産凍結?もしものときに備える家族信託 」セミナー開催のお知らせ

2018年4月21日

 「終活」というと、多くの方がご自身が亡くなった後の「相続」のことばかりを考えますが、亡くなるまでの「財産管理」をどのように行っていくのかということについても考えておかなくてはなりません。

 2025年には、高齢者の5人に1人が認知症を発症するとされています。認知症を発症すると自分の財産を管理したり処分することが非常に難しくなります。例えば、認知症になった方の預貯金を引き出したり、不動産を処分することは本人はもちろんのこと、例え家族であっても代わりに行うことはできません。 

 今後、認知症になった親の自宅や金融資産の管理に頭を悩ます家族が増えていくことでしょう。

 親の老後の生活費や介護費用をしっかり確保し、「家族」で安心して生活していくためには事前の対策が不可欠です。

 本セミナーでは、弊社代表元木が認知症対策に非常に有効な制度である家族信託や後見制度などについて分かり易くお話いたします。

 参加は無料となっておりますので、お気軽にお申込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSddZfZgiWazBqo3tGa3xBuwcI79BXZcLM-0e3oiz9JUms5-DA/viewform

(申込みフォーム)

 詳細は下記をご覧ください。

«
»

イベント・セミナー